翠雲堂について

ごあいさつ

日頃は格別のご愛顧、ならびに暖かいご支援を賜り、厚くお礼申し上げます。

弊社は昭和12年(1937年)の創業以来84年にわたり、寺院建築・寺院荘厳仏具・
仏壇の専門店として日々着実な歩みを重ねてまいることができました。

令和2年12月に「伝統建築工匠の技:木造建築物を受け継ぐための伝統技術」が
ユネスコ無形文化遺産に登録されましたことで、建築・仏具製作を生業とする
弊社にとって、木工・漆行・金工・彩色・左官・建具・畳製作・表具・金箔製造などの
技術を保存し、継承・伝承することがますます重要な仕事となりました。

弊社が設計し、弊社の宮大工が施工し、建築にあわせた荘厳仏具の製作まで、
社内で一括管理を行えることが「翠雲堂」の最大の強みです。

本社展示場のリニューアルを行い、お客様をお迎えする体制を整えましたので、
職人達が働く工場内をあわせまして是非ともご見学いただき、わたしたち
翠雲堂がどのような仕事をしているのかご理解いただけますと幸甚です。

弊社年報は昭和29年(1954年)の創刊以来号を重ね、
第68号を発刊させて頂いております。
これもひとえに、皆様のご芳情の賜であると深謝いたします。

伝統と文化を未来へつなげてゆく仕事をするわたしたち翠雲堂は、
今後も寺院業務全般の専門店としてさらなる発展を遂げるべく、
益々の研鑽を積んでまいる所存です。
皆様にはなお一層のご指導、ご鞭撻を賜りたく重ねてお願い申し上げます。